Keep Austin Weird

Austinでよく目にする、耳にするこの言葉”Keep Austin Weird”この言葉は、オースティンの地元の小売店のためのプロモーションスローガンで、Weird=ちょっと奇妙な滑稽なオースティンの地元愛に溢れたスローガンなのです。オースティンは他のいわゆる保守的な共産党色の強いテキサスの都市とは異なり、リベラルな空気が流れる、ヒッピー文化がいまだに根強い土地の雰囲気があります。そういった意味で、人種差別などが殆ど無いので、私たちのようなアジア人、外国人が住みやすい環境と言えます。実際、他の大都市から引っ越してきた人たちは口をそろえて、「オースティンの人たちは、とっても優しい」と言います。また、人種差別で嫌な思いをしたなんて話は殆ど耳にしません。

今日、3月8日はKeep Austin Weirdの言葉のアイコンとなっていた、2012年に亡くなった有名なホームレスLeslie Cochranの命日でオースティン市でオフィシャルに登録されたLeslie Day なのです。leslie_outside

 

Leslieは、ダウンタウンを女装で闊歩し、数々の名言を残し、ホームレスの生活向上に貢献してきました。彼が亡くなった日は地元メディアも彼の軌跡をたどったニュースを流し、オースティン全体が何とも言えない悲しみに包まれました。

街はどんどん大きくなっていきますが、この愛すべきWeirdなオースティンスピリットを無くさない都市であり続けて欲しいです。

 

ちなみに、2007年から続いているイベントkeep austin weird fest の開催は6月24日です。