不動産価格どこまで上がるか

今年の夏、オースティンのsingle-family-home(戸建て)市場では、リスティング価格、ボリュームともに、記録を塗り替える、強い売り手市場となりました。
2017 sep
過去を振り返ってみて、2011年初旬の$197Kの中間価格を底値とし、今年は326Kへそして、来年の夏の予想は335Kの予想になっています。(zillow調べ)
Market over view 2017
特に投資物件については、いつ買うべきか、という質問を良く頂くのですが、これについては、いつが良い時期なのかは、明言しにくいのですが、この表を見る限るには、右肩上がりで、今後の人口増加の予想と併せてみると、今後、大きな経済的クライシスが起きない限りは、逆にどこまで上がってしまうのだろうかと不安に駆られるくらいです。
万が一、アマゾンのHQ2がオースティンに決まってしまったりなんてしたら、また、グイグイ上昇の一途をたどる可能性もあります。元々の、オースティン住民が、住民税などを払えなくなってしまったり、街が大きくなると、その反面の弊害も出てきてしまうので、そこが怖いところでもありますが、成長している街を眺めるととってもワクワクしてしまうのも、事実です。