冬に備えて家のメンテナンスリスト

download

ここ2、3日、すっかり朝晩が冷え込んでやっと秋の訪れを感じるオースティンですが、冬が訪れる前に、やっておきたい家のメンテナンスのチェックリストです。

 

1.芝刈り機

芝刈り機の中に、長い間、タンクにガソリンを入れておくと、エンジンの故障につながる恐れがあります。fuel stabilizerを入れることでそれを防ぐことができます。fuel stabilizerを入れた後、忘れずに5分間ぐらい、芝刈り機を作動して、fuel stabilizerが内部に届くようにしてください。

2. 庭のホースを取り外しましょう

使わなくなったホースは、取り外すことをお勧めします。長い間、使わないホースを外の水道につけていると、ホースにも、水道自体にもダメージを起こしかねません。冬の間、水やりをしない期間のホースは直射日光の当たらないガレージの中などにしまっておきましょう。

3. スプリンクラーをOFFにしましょう

夏時間の終わりを目処にスプリンクラーシステムに、スリープがある場合は、スリープに、無い場合はOFFにしてください。スプリンクラーのパイプの中の水を排出出来るシステムの場合は忘れずに、排出してください。
4. 雨どいの手入れ

雨どいの落ち葉を掃除しましょう。雨どいに万が一氷が張ってしまってひびなどが入ってしまった場合、高い修理費を払うことになりかねないので、くれぐれも、落ち葉などを掃除して、水が流れる様態を保ってください。
5. A/Cのメンテナンス

本格的な冬のシーズンが始まる前に、A/Cの定期メンテナンスをお勧めします。業者によりますが、通常$50~$100でやってくれるところが多いようです。毎年の定期メンテナンスを同じ業者で行う場合は、20%ぐらいのディスカウントをくれる場合が多いようですので、尋ねてみると良いかもしれません。


6. 暖炉の点検

暖炉の中も懐中電灯で照らしながら、中の排気口の開け閉めが問題なくできるか、そして、煙突の中を覗いて、外の光が中から見えるかを点検してください。まれに、煙突の外で鳥が巣を作っていたり、落ち葉や枯れ枝が引っかかっている場合があります。その場合は、取り除き、
煙突からしっかり外に排気が出来る状態にしてください。煙突のインスペクションは業者によって$75~$500ぐらいです。また、煙突の掃除は$150~$250です。