家を買うベストタイミングとは?

ずばり、春です。春は、日本と同じくアメリカも引っ越しシーズン。マーケットにはドザッと売り出しの家が出てきます。特に、イースターサンデーは、クリスチャンにとって、クリスマスに続く大切な休日なので、その日は働いている人が少ないことから、オファー自体がその日にガタッと落ち込み、その影響で、その日に関して競争が少ないとのデータがあります。同じくクリスマスも同様の事が言えるのですが、冬は全体的に売りに出ている家自体が少ないので、選択肢は春に比べては少ないといえます。その分、競争相手も少ないので価格の低いオファーが出しやすい傾向にあります。選択肢の多い時期を選ぶか、価格を重視するか、そこがポイントになってきます。ただし、ここで重要なことはクロージングを5月にもっていかないことです。なぜなら、引っ越し業者が見つかりにくいからです。特に5月最終日は年間の引っ越しのピークを迎えます。

家を買うと決めたなら、まずは、

1) Hire an Agent(エージェントを決める)

信用できるエージェントを見つけることが、特に、ファーストバイヤーにとっては重要なファクターとなります。家を探すうえでの優先順位、例えば、庭が広い、希望の学校区、プールがある、などを整理して、話し合ってみましょう。

2) Get a Loan(ローンを組みましょう)

キャッシュ一括で買う予定がない場合は、まずは、ご自分のファイナンシャルをしっかり見据えて、ローンを組むことをお勧めします。ローンを組むには審査がいくつかあり、思いの外、時間がかかります。オファーを出したい家が見つかっても、ローンが組めていないと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。銀行によってローンのレートはまちまちなので、情報をしっかり収集しましょう。

3) Find a Home to Buy(家探し)

エージェントと共に、家を見に行きます。また、週末に行われているオープンハウスの看板を目指して、エージェントに頼らず色々内見に行くこともお勧めします。色々な家を見ることで、大体の値段と、雰囲気がつかみ易くなることでしょう。また、一度にたくさんの家を見に行ってしまうと、正直、どれが良いのかを悩ませてしまうだけなので、ある程度インターネットの写真などで内見に行く家を絞った方が賢明です。

 

4) Negotiate the Offer(オーファーを出す)

もちろん売り出し価格が設定されていますが、これは目安のようなもので、エージェントに相談して、ご希望の価格を売り手側に提示します。エージェントは周りの家の売り出し価格、オファーを出したい家の状況等のデータを元に、適切な価格を提示してくれるはずです。家によっては一度に3個も4個もオファーが重なる事もしばしばあります。その場合は、やはり売り手としては、一番高い価格を提示してきた人を選びたい所ですが、買い手側も必死なので、売り手側に、熱烈なラブレターを出したりして、熱意で押し切る人も居るようです。

 

5) Do a Home Inspection(インスペクションをする)

オファーを受理された後は、インスペクターを雇い、家の隅々まで、欠陥がないか、故障しているところはないか、を見てもらいます。床下から、屋根裏、備え付けの食洗器から、配管まで、建付けまで、本当に隅々を調査してくれます。欠陥部分が見つかった場合は、またここで、売り手側に修理修繕等の交渉をします。この時に、シロアリの調査をすることも忘れないでください。

 

6) Closing(クロージング)

様々な書類作成等、オファーから30日~40日の期間を経て、晴れてクロージングの日を迎えます。売り手側と、買い手側が、最終的な署名を交わし、鍵の受け渡しがこの日に行われます。

2016年度オースティンエリアの学校レーティング

download school

 

オースティンエリアの学校区が全米でもトップレベルということは皆様ご存知かもしれませんが、データでみると圧巻です。私立に行かない限りは、基本的に、小学校から高校まで住んでいる地域で指定されている学校に通うのが一般的ですので、就学しているお子様のいるご家庭では学校区と住居選びの関係は非常に密接です。レーティングは10段階評価で、10が一番高いレベルの学校という評価形式です。(great schools調べ)

2016Austin(North-West) ISD

2016Austin(South-South west) ISD

2016Leander ISD

Pflugerville ISD

Round Rock ISD

オースティンの固定資産税の支払い方法

オースティン地域の固定資産税の支払方法は、直接オフィスに出向くか、小切手郵送、ネット上でクレジットカードで支払いなど、いろいろあります。前年度の固定資産税の締め切りは1月31日です。10月ごろには金額が公表されますので、効果的な税金対策になるよう、よい支払いのタイミングを選んでください。

カウンティーごとのサイトはこちらです。

Travisカウンティー
http://www.traviscountytax.org/goPropertiesPaymentOptions.do

Williamsonカウンティー
http://www.wilco.org/CountyDepartments/TaxAssessorCollector/PropertyTaxDivision/PropertyTaxPayments/tabid/1938/language/en-US/Default.aspx

Haysカウンティー
http://hayscountytax.com/taxes

オースティン寒波到来―備えを常に!

 オースティンにも寒波がやってきました。季節で言うと完全に夏が優勢のオースティン、寒さに全く慣れていません。寒波が来たら街は大パニックで、1月28日のアイスストームの日は交通事故がオースティンだけで280を超えたそうです。来週中旬も、もしかしたら、この寒波がまたやってくる可能性があるそうです。

 

寒波がやってくる前に準備しておきたい事

  • 家の外、家の中の暖が取れない場所にあるパイプはすべて覆う。
  • 庭のホースは蛇口からはずしておく。
  • 家の基礎部分にある空気口(ベント)は覆っておく。
  • スプリンクラーは冬の時期は必ず切っておく。


    このような、水道をカバーが一般的にHome Depotなどで売られています。

    .

寒波がやって来たときに注意したい事

  • 外の壁に隣接したキャビネットのシンクの下のドアは開けておく。
  • 暖房の付いていないガレージで、洗濯機がある場合は水を止めておく。軟水木は水を抜いておく。
  • もし、外気温が4時間以上28度(-2℃)を下回る場合、外の水道は毎分5滴ぐらいの速さで蛇口を開けっぱなしにしておく。
  • 寒波が長く続くようだったら、家の中の水道も同じように開けっぱなしにしておく。
  • 以前に凍結した事のある水道は厳重にプロテクションをする。

もし、家に居ない場合注意したい事

  • 自分の家の境界線にある水道の元栓を締めておく。
  • 外の水道の蛇口、ホースの水はすべて抜いておく。旅行など、しばらく家を離れる時は水道を毎分5滴ぐらいの速さで流しっぱなしにしておく。
  • 家のヒーターは低い温度設定で付けっぱなしにしておく。
  • 外の壁に隣接したキャビネットのシンクの下のドアは開けておく。

    家のオーナーだけではなく、借りている家やアパートでも同様に注意して下さい。万が一、水道管が破裂等でダメージが生じた場合、責任を問われる可能性があります。くれぐれもご注意下さい。

Austin Water’s emergency hot line  512-972-1000/ website


 

Homestead exemptionの申し込みについて

自分の住んでいる家の固定資産税はディスカウントの対象となります。
新居に引越し、初めてのお正月を迎えたらカウンティーにて申し込みの手続きをしてください。
一度申し込んだ方は、同じ家に対して毎年申請する必要はありません。
1月1日から4月30日の申し込みです。カウンティーごとに申込書がありますので、下のリンクを参照してください。

Travis County
http://traviscad.org/pdf/Forms/Exemptions/50-114_Homestead%20Exemption%20Form_140106.pdf

Williamson County
http://www.wcad.org/property-owners/forms

Hays County
http://www.hayscad.com/PA/forms/homestead.pdf