投資の実例:東京在住S様ご夫妻

弊社にて投資物件をお買い上げ頂いたお客様の投資の実例をご紹介いたします。

S様ご夫妻は現在は東京にご帰国されましたが、ご赴任されていらっしゃった2015年に物件をお買い上げ頂きました。

オースティン郊外のRoundRockにある一戸建て

購入価格 $160,000

Bedrooms 3

Bathrooms 2.0

Square Feet 1,191

Year Built 1984

medium-1medium-3medium-2medium-4

内装はリノベーションされたばかりで新しいです

購入時頭金 $50,000

15年ローン fixrate 3.75%

々の返済額 tax等を入れて$1,100

物件管理料 家賃の7%

2016年 家賃収入 $1,495/

月々の純利益 $290

 

レント開始時期が引越しのオフシーズンだったので、テナントが入るまで2ヶ月かかりました。
現在は、テナントが契約を更新したため、継続して安定した家賃収入が入っています。
ローン完済後の15年後にお子様が成長した折の学資金にする目的の投資とうかがいました。
テナントが入らない時期や、急な修繕費などの出費が今後予想されますが、成長中のオースティンですので将来の売却時には購入価格よりも価値が上がっている可能性を踏まえてとても良い投資と思われます。

弊社では、日本のお客様への、物件のご紹介から、購入のお手伝い、購入後のテナント探し、物件の管理、その後の売却まで一貫したサービスをご提供中です。トモコ・ホールまで、お気軽に日本語でお問い合わせください。

Email: tomoko@tomokohall.com

 

*引越しのオフシーズンとは

引越しにはハイシーズンとオフシーズンがあり、一般的に新学期が始まる前の6月からの夏休みをピークに、新学期後の9月から年末にかけては緩やかにオフシーズンとなります。1月から徐々にの引越しの需要が増えていきます。このハイシーズン、オフシーズンと共に家の価格も変動していきます。

 

 

 

ブログ再開のお知らせ

こんにちは。
Harmony Real Estate Group/ハーモニー不動産の首藤です。
3年間の産休、育休(?)を経て職場復帰致しました。
このブログを通して、日本からのアメリカ不動産投資の事や、不動産以外の
アメリカでの生活の興味深い事、テキサス・オースティンの事などを投稿していこうと思っています。
正直、私自身、不動産投資について、分からない事が沢山あるので、少しずつ勉強しながら発信していきたい所存です。何卒宜しくお願い致します。

また、この3年間でオースティンはまた目覚しく変わっています。
人口は増加の一途をたどる一方で、不動産に関してはまだ、カリフォルニアや、NYなどの他の都市に比べ平均的に、三分の一ぐらいの値段で買えるお手頃な家が一般的です。
フォーブス誌の
Best Buy Cities: Where To Invest In Housing In 2015(2015年不動産投資すべき都市)
で堂々の第一位に輝くなどまだまだ成長の著しいオースティンなのです。

また、特に子育て中の世代にとっては、最高の生活環境で、教育水準が全米でもトップレベルという事にのみならずキッズフレンドリーな都市設計がされており、緑豊かで、物価も比較的安い事から、カリフォルニアなどからの移住者が近年激増中です。
人口の85%が65歳以下というのも特徴かも知れません。

オースティンの固定資産税の支払い方法

オースティン地域の固定資産税の支払方法は、直接オフィスに出向くか、小切手郵送、ネット上でクレジットカードで支払いなど、いろいろあります。前年度の固定資産税の締め切りは1月31日です。10月ごろには金額が公表されますので、効果的な税金対策になるよう、よい支払いのタイミングを選んでください。

カウンティーごとのサイトはこちらです。

Travisカウンティー
http://www.traviscountytax.org/goPropertiesPaymentOptions.do

Williamsonカウンティー
http://www.wilco.org/CountyDepartments/TaxAssessorCollector/PropertyTaxDivision/PropertyTaxPayments/tabid/1938/language/en-US/Default.aspx

Haysカウンティー
http://hayscountytax.com/taxes

2014年3月期のマーケット概要

再三、オースティンの不動産マーケットが絶好調と

お伝えしておりますが、

とっても見やすいマーケット概要を見つけたので

ここでご紹介します。

3月は、去年よりも平均13日も早くそして、高値で売れるという異例のスピードでした。

家の購入をご検討中の人は、先にローンの確約をとってからオファーを出すと良いでしょう。

競争率の高く、他にもオファーが出てくる可能性があるので、売り手に本気を示さなければなりません。

また、家を売却をお考えの方は、また、絶好のチャンスとお考えください。

詳細等をご希望の方は、日本語でお気軽にTomoko Hallまでご相談ください。また

弊社では、ローンの方もインハウスにて対応させて頂いております。こちらも併せてご相談ください。

 

 

2週間以内に46%の家が…

ほとんどの大きい都市では昨今、家の売買は少し低迷の時期を迎えていますが、ここオースティンは

真逆と言っても過言ではないほどマーケットが動いています。2014年2月の時点のデータでは46.3%(去年は40.6%)の家が2週間以内に売れています。

(他の27都市のマーケットでの2週間以内に売れる家は22.5%)

 

Market Speed, February 2014

Market

Days on Market, Feb. 2014

Days on Market, Feb. 2013

% of Homes Selling in 2 Weeks, Feb. 2014

% of Homes Selling in 2 Weeks, Feb. 2013

San Antonio

46

64

27.1%

20.3%

Houston

33

49

35.9%

27.0%

Austin

26

40

46.3%

40.6%

Raleigh

82

94

22.5%

9.7%

Dallas

30

41

38.8%

31.9%

Denver

27

37

27.1%

24.5%

Portland

44

50

35.3%

33.7%

Seattle

36

35

40.9%

40.9%

27 Markets

43

47

22.5%

21.5%

Green neighborhood 街づくりと環境

 


 

オースティンにお住まいの方はご存知の方も多いと思いますが、

今、もっとも注目されているhipなエリア、Muellerが全米の「Green neighborhood

で第2位に輝きました。ソーラーパネルを装備する家や、省エネの二重構造の窓、そして、省エネの電化製品など

家そのものもそういった環境に配慮する造りになっており、それ以外にも、コミュニティー全体の緑の多さ自然の多さは

他の場所と比べて追随を許しません。

また、第7位にはzip code 78704South Austin’s Galindo neighborhoodもランクインされています。

Central AustinRosedaleも、ランキングには入っていませんが、Green neighborhoodとして知られています。

環境に配慮したコミュニティーは今後益々の期待がかかっています。

オースティン空港の増設工事

 

度々、オースティンの人口増加をお伝えしていますが、

それに伴い、都市のスケール自体が急成長しており、

もちろん、空港の利用客も増加の一途をたどっております。

 

オースティン空港では $62 millionの予算で、Terminal East部分約55,000 squareの増設、

また、既存一部の改築工事を実施中です。

また、900台収容可能のレンタカー専用の駐車場を増築中です。現存するレンタカー駐車場(short term parking 3F)部分は

一般開放され、それとは別に、1500台収容可能の駐車場も建設中です。

 

工事は2015年終工予定です。

 

空港も大きくなって、直行便がどんどん増えることを祈るばかりです。

 

楽しみですね。

 

なぜ、人はオースティンに引っ越したいか?

現在、オースティンはアメリカで「都市の成長率」第一位を誇っています。

人口は毎日70人ずつ増え続け、経済もどんどん上昇中です。しかしながら、リビングコストは

全米平均より15%も低く、犯罪率は低く、全米の中でも、オースティンは、健康志向の高い都市としても知られています。