共同名義で家を買う

 

時として、共同で、友達や、結婚していないパートナーと家を購入することは、特に昨今のオースティンの不動産事情を鑑みて、節約の観点では多くのベネフィットがあることでしょう。現に2014年当時に比べ、 共同オーナーとして、1つ以上の名義で家を買う人は、771%も増えています。一昔前であれば、家のような大きな買い物を、友達や、結婚していないパートナーと買うなんて、前代未聞でしたが、現在は、より主流になって来ている事が、この数字に反映されているのでしょう。

このように、家の共同購入が、一般化されてきた背景として、ローンの問題があります。単身でローンを組む場合、基準を満たすことができない場合でも2人の条件を合わすことで可能になる場合も出てきます。また、現在の一部の地域のように、一年の間に25%も不動産価値が上昇し、しいては、昨今のローン超低金利を考えると、投資の為、あるいは自分の住居確保として、多少の無理をしても、共同名義で良い物件に出会った好機を逃さずで買っておこうという事が、多々起こっているという事です。また、ローンのみならず、用意すべく頭金に関しても、キャッシュでの大金を支払う点で、一人で家を購入するのであれば、予算に到底届かないような家でさえ、共同オーナーで分割していくことで、大きな頭金を用意でき、より理想的な物件の購入のハードルが低くなります。

 しかしながら、慎重に、物事を進めていかないと、思わぬ落とし穴に引っかかる可能性もあります。

共同名義にする利点

  • ケースバイケースではあるが、ローンの審査が比較的通りやすい
  • ローンの月々の支払いが当然一人で買うよりも少ない
  • もし、その家に共同で住む場合、光熱費の分割で、生活費が安くなる
  • アパートで賃貸生活の場合は、ただ払い続けるだけで終わるが、共同名義ので家を買い、ローンを払い、その家を売却する場合、マーケットが買った時よりも良ければ利益を得ることも可能

共同名義にする欠点

  • 金利は、共同で申請するオーナーの中でクレジットスコアの一番低い人に照準を合わせて決定される為、単独で購入する場合よりも、多くの金利を払うことになる可能性がある
  • もし、共同名義の家のローンの返済中に、自動車の購入などで、ほかのローンを組む際は、家全体に対しての負債対収入の比率で審査を受けるため、不利になる可能性がある
  • 共同名義の為、ローンに関しての滞納に対する処置としても、連帯責任となる為、一人の支払いの遅れによって、すべての人のクレジットヒストリーに悪い影響を与える
  • 家の修理や修繕等に関しても、全員の合意を得られないと事を進められないので、しっかりした意思疎通が必要となる
  • 共同名義を解消する際、家の売買等で複雑化する可能性がある

家の共同名義購入に関して、買う前から、解消する場合の事をしっかり見据えて行動していくことが、一番の成功へのカギです。契約書を隅々まで確認して、個人個人のクレジットスコアや、収入、ほかの財務面を互いにしっかりチェックして、十分納得する事が基本です。また、だれがどの請求書に対して支払い責任があるのか、や、万が一、メンバーの中の誰か一人が名義を解消したい場合など、あらゆる面に対して、事前に対処法を把握するべきであるし、意見の相違やあらゆる事態に備え、バックアッププランを計画すべきです。弁護士を通して、そのような取り決めを事前に作っておくことが理想的です。

このような共同名義での不動産購入は、オースティンのような活気ある街ならではの、新しいスタンダードになる可能性があります。豊富な職を求めて、若者はオースティンを目指し、家を単独購入できる基盤がまだない上、この右肩上がりのオースティンの不動産事情に、投資としての魅力も十分にある。そういった事情が、共同入への動機となっています。確かにアパートに支払うのと同じぐらいの資金で、より住みやすい家を共同購入し、気の合う仲間と楽しい共同生活!将来的に、売却で利益を得られるとしたら、それ以上、理想的な事はありません。しかしながら、やはり、思わぬ人間関係のトラブルや、金銭問題など、しっかりとリスク面を熟知した上で共同購入を成功させる事が大切です。