時代はシリコンヒル!!!カリフォルニアからの脱却Bay Area exodus

 先週の金曜日に、マイクロソフトに次ぐ、世界最大手のソフトウェア会社の「オラクル」のオースティンへの本社移転を発表しました。先日、ヒューレットパッカードもヒューストンへの本社移転をアナウンスし、また本社移転との明言はしていないものの、テスラのオースティンへのギガファクトリーを建設中の他、オースティンから車で6時間弱の場所サウスパドレ周辺のボカチカにスペースX(宇宙船スターシップの開発)が進行中、また、イーロンマスク本人が長年住んだLAを離れ、オースティンへ引っ越して来たり、など、本社が近い将来オースティンへ移転する可能性も匂わせています。

オースティンにおける建設コストは、米国の30都市平均を19%下回るとされている。一方で、サンフランシスコでの建設コストは、オースティンを56.9%上回っている。
調査企業CBREのデータでは、オースティンでのオフィス賃貸費用は過去5年で28.6%上昇し、7000平方メートルあたり300万ドルとされている。しかし、ベイエリアの場合は同じ面積で500万ドル。

これらの要因も引き金となって、シリコンバレーのカリフォルニアから、シリコンヒルと呼ばれる、オースティンへの本社移転が次々と行われているのでしょう。

ここで、忘れてはいけないのは、アップルの第二本社です。すっかり、次々と流入してくる色々な本社移転の話で忘れがちですが、2022年を目標に、完成予定の新社屋では、最大15000人規模で運用の予定です。オースティンで、設立し、シリコンヒルの地位を築いたデル・コンピュータも、アップルの第二本社の完成後は、雇用人数としても、トップから転落する可能性も示唆されています。(デルの雇用人数:現在14000人)そのほかに、Facebook, Google, Amazonと所謂の「GAFA」がオースティンにはそろい踏みです。また、オラクルのオースティン新本社に関しても、10000人規模になる予定です。

apple第二本社新社屋完成予想図

$1 billion project:サウスオースティンにもドメインが!!!

近年、オースティン界隈で、すっかりお馴染みとなった「Domain-like」という言葉ですが、これは、オースティンのランドマークとも言える、Domainという、住居、オフィス、レストランや小売店などの、商業施設、ホテルに至るまでを、公園の様な心地よい空間で結んだ場所を指します。このビジネスモデルが、大いに成功したので、昨今のオースティン界隈の開発は、とにかく、Domainに模した、所謂「Domain-like」な開発となるわけですが、この度、初めて、この「Domain-like」な開発をサウスオースティンで行う事になりました。場所は、South Lamar Boulevard と Loop 360 (Capital of Texas Highway)の交差、Barton Creek Greenbeltの東側の現在Brodie oaks shopping centerがある所ですが、その規模が、このプロジェクトでは現在のなんと10倍!!!の広さに拡張予定です。

最終的な形としては、1600戸のアパートメントやコンドミニアム、110万square feet(約30900坪)のオフィスエリア、14万square feetの小売りや、レストランエリア、そして、450室のホテルが出来る予定です。Barton Creek Greenbeltとも繋がり、より、自然と、商業が一体化する、ファミリーフレンドリーな施設となりそうです。本家のDomainが180万square feetなので、それと比較しても、規模としては充分に、サウスオースティンのランドマークとなる巨大施設となりそうです。

工事の着工は、2022年、あるいは2023年の初めを予定しており、約10年をかけて完成する予定です。

コロナ下で、雇用新記録達成!!!

 オースティンは、この、コロナパンデミックの中にありつつも、次々と、オースティンに移転する企業や、業務の拡大などから、記録的な雇用の多さを見せています。オースティン商工会議所によると、2020年に入って、35もの新しくオースティンに移転してきた企業から、9790人分もの雇用を生み出しているとの事です。2018年の46企業の転入、9424もの雇用を上回って新記録が樹立された模様です。オースティンのこのビジネスフレンドリーな環境、豊富な人材、生活の質の高さ、などの要素が混ざり合って、パンデミック下であっても、経済の回復力のある、オースティンの底力を発揮しているのでは、との見解を、商工会議所では示しているようです。

また、日本の空気圧機器、流動制御機器、半導体用ファインシステム機器、省力機器等の機器商品を扱う、CKD(愛知)も、オースティンに全米初のプロダクション拠点を構えるとの事で、$13 million もの出資で、70もの雇用を生み出す計画と、11月初旬のアボット・テキサス州知事が会見で発表をしました。ここでは、半導体産業向けの流体制御機器を製造する予定です。

また、$1.1billion 規模で作られている、テスラのギガファクトリーも5000もの雇用(最低年収$35.000)を7月の時点で発表しています。また、Amazonも、計画的な事業拡張のため、オースティン周辺の4つの場所で、1200もの新しい雇用計画を8月に打ち出しています。2021年秋予定で、開業予定です。

Cedar Parkが大注目

Austinのいわゆる郊外である、Cedar Parkがここにきて、急成長を遂げています。

人口も、この15年で2倍の8万人となり、この先十年で1万人の増を予想しています。そして、今後は、大企業の本社誘致に力を入れていきたいと市は表明しています。

この数年、Cedar Parkでは戸建て住宅の新規開拓に力を入れており、人口の平均年齢は34歳、そして、大学学位以上を持っている人が半数以上、平均年収は$99,0025,という、まさに働き盛り世代が流入し、結果、住宅価格も過去7年で36%上昇しました。新規住宅に関しては、現在減少のトレンドですが、今後はアパートやコンドミニアムなどの集合住宅建設が増えていくようです。

また、新規に、40エーカー(東京ドーム約3.5個分)のショッピングエリア、オフィス、集合住宅、図書館と、それにつながる12エーカーの公園を作るプロジェクト「Bell Boulevard Redevelopment Project」が発表されました。このプロジェクトは5年後完成を目処に着工されます。

ロケーションは、旧183(S Bell Blvd)/Butter cup Blvd/ W Park Stに交差するエリアです。

それに、伴い、地図上の赤線で示した、旧183(S Bell Blvd)のエリアが今後、急激に発展していくとの予想です。

オースティン初のメジャースポーツチームAustin FC

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 

新年早々、めでたいニュースが飛び出してきました。

 

 

 

オースティン発のメジャースポーツチームである、AustinFCが本格稼働し始めました。正式には、現在建築予定の新しいスタジアムのオープン予定である、2021年からかと思われますが、着々と、”キックオフ”に近づいています。

アメリカ全土的には、サッカー人気は、野球や、アメフト、バスケットボールなどに比べて、薄いように感じますが、それでも、コアなサッカーファンは多く、特に、子供達の習い事で言えば、アメフトや、バスケットボールを超える勢いの人気です。そういった意味で、このAustin FC始動は子供たちに、大きな夢を与えることに繋がるように思えます。また、将来的に日本人としては、Jリーグの人気選手なんかが、Austin FCに移籍なんてしてくれたら、とっても盛り上がります。

Asutin FCの本拠地となるスタジアムは今やAustinの中心地とも言えるDomainの向かいに、約2万人の収容規模で、$225Mをかけて建設予定です。

お勧めの室内アトラクション

特に小さいお子さんをお持ちの方は、公園遊びが出来ない天候不良の日が続くと、なかなか家の中で時間を持て余してしまうという方も多いと思います。そんな時にお勧めの室内アトラクションをご紹介。

幅広い年齢層が学びながら遊べるthinkery

ここは、いわゆるチルドレンミュージアムです。規模は、ヒューストンなどに比べると、多少小さめですが、それでも、充分、子供たちは楽しめます。水遊びのコーナーがあるので、特に寒い季節は着替えを持っていった方がよさそうです。

Thinkery

Address: 1830 Simond Ave, Austin, TX 78723

子供たちが大好きなCatch air

0歳から12歳まで、存分に楽しめる室内遊び施設です。0歳児の小さいお子様にも楽しめるようなプレイエリアから、大きい子供も楽しめる大きな滑り台、ソフトボールのボールエリアや、照明を落としてのディスコタイム、何時間居ても飽きない作りです。

現在AustinとRound Rockの2つのロケーションがあり、この二つは、別のフランチャイズがやっているので、プレイデートの時などは場所の確認を怠らないようにしてください。

※靴下着用必須

Catch Air – Austin

Address: 13450 US-183 #107, Austin, TX 78750

Catch Air Round Rock

Address: 1401 S Interstate 35 #130, Round Rock, TX 78664

大きな子供も楽しめるMt.Playmore

基本的に、ここにあるのは、巨大な室内のプレイスケープです。一度入ると、1周回るのに5分はかかりそうな、障害物競争を中でやるみたいなイメージです。よじ登ったり、大きな滑り台を滑ったり、見ている大人も参加したくなる、アスレチックの様な施設です。

ここは、中にカフェテリアもあるので、外に出ることなく、1日中遊んでご飯まで済ませることが出来ます。

※靴下着用必須

Mt. Playmore

Address: 13609 N Interstate Hwy 35, Austin, TX 78753

特に未就学児にお勧めのHop N Happy

規模が小さいので目が良く行き届きやすく、アットホームな雰囲気で、非常に遊びやすいinflatables play areaです。0歳から10歳までですが、4時から6時までの$2Offの放課後レートもあるので、小学生でも放課後にちょこっと遊びに行くのもお勧めです。

※靴下着用必須

Hop N Happy

Address: 10401 Anderson Mill Rd, Austin, TX 78750

10月27日にオープンしたばかりの室内プールSplashshack

Cedar Parkに新たにオープンした室内プール。夏が長く熱いオースティンでは、屋外プールや、スプラッシュパットなんかは、どこでも充実していますが、なかなか、習い事以外の、室内のプールというのは見つけにくいので今後、人気になっていくのではと思います。

Splash Shack

Address: 1801 Clover Ln, Cedar Park, TX 78613

2018年版Best Neighborhoods to buy a home right now!

2018年版の「Best Neighborhoods to buy a home right now!」いわゆるオーステンエリアのホットスポットと呼ばれる場所をご紹介します。

 

Northwest Round Rock

ロケーション:zip code:78665

 

 

 

 

 

 

1100~4000sqft.の広さがメインで、$150K~$330Kぐらいの価格帯です。

どんな人が住んでいる地域か:First-time-homebuyerの若いファミリーが、リタイアした、少し高齢の夫婦の隣の家に住んでいる。近所のコミニティーは、タイトで、みんなご近所さんの名前を知っているような関係です。

Dellや、Emerson, Baylor Scotto&Whiteなどの企業が周りにあり、Hopdoddy やJack Allen’s Kitchenのような沢山の魅力的なレストランが多い地域です。Ikeaや、Premium Outletにもすぐ近く、とっても便利な場所です。

 

Mueller

ロケーション:Airport Blvd, Manor Rd, East 51st street, I35の周辺

 

 

 

 

 

 

アパート、コンドミニアム、タウンハウス、戸建て、全てのライフスタイルがここにはあります。ただ、戸建ては、決まったモデルから選ぶ建売メインなので、同じような家が立ち並ぶ感じの雰囲気です。(それでも、とっても素敵な街並みです)価格は全体的に、オースティンの平均価格より上です。

 

どんな人が住んでいる地域か:バラエティに富んだライフスタイルがあるため、かなり、色々な世代、業種の人が住んでいますが、戸建てエリアは、裕福な若いファミリーが多いようです。

 

ランニングトレイルがあったり、釣りが出来る池があったり、大きな公園に囲まれているので、人工的ではありますが、素晴らしい自然があります。

オースティンに欠かせない映画館、Alamo Draft house や、チルドレンミュージアムのThinkeryがあったり、少し複雑な子供の病状でオースティンのどのクリニックからも必ず送る込まれる、Dell Children hospitalもあるので、若い家族にはこの上ない理想的な住環境です。ただ、学校区があまり好ましくはないのですが、将来的に、良くなる可能性は無限です。

 

Govalle

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

かなり古い家で、中をリモデリングした家がメインです。価格帯は$300Kから、高いもので$700Kぐらいのレンジです。モダンな、コンドミニアムなどもあります。

 

どんな人が住んでいる地域か:何世代もその地域で農場をしているファミリーと、若い、フリーランスの仕事をしている人たちや、アーティストなどがアトリエや、事務所兼の居を構えていたりします。

 

East Austinは、以前はオースティンの中でも治安の悪い地区とされていましたが、現在は、お洒落なカフェやレストラン、アトリエなどが沢山出来て、芸術的でおしゃれなエリアになっています。家も、かなり個性的なものも多く、見ているだけで、なかなか面白いエリアです。

 

Armadillo Park/Garrison Park 

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

以前は、ロットの大きい戸建てがメインでしたが、立地の良さから、最近はコンドミニアムなどが増えてきました。

どんな人が住んでいる地域か:20代30代の若い世代がメインで、夕方、庭で草抜きをしていたり、家族で犬を散歩させていたりで、元々住んでいる古い世代と、上手に融合をしています。

 

ダウンタウンにも近く、大きいスーパーマーケットが幾つもあるので、生活が非常にしやすいエリアです。

 

Buda 

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

平均的にオースティンに比べて安価ではありますが、価格帯は非常に広く$15K~$1Mぐらいまであります。

 

どんな人が住んでいる地域か:オースティンダウンタウンに働きに出ているヤングプロフェショナルみたいな人が人口のほとんどを占めています。

 

Southpark Meadowsのショッピングモールを始め、ショッピングも非常に便利で、沢山の公園やトレイル、図書館などの公共施設に長けており、都市部の便利さと、郊外の豊かさが融合しているエリアです。

 

South Manchaca

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

ミッドセンチュリーの戸建てをリノベーションした家が多い地域です。価格帯は$250K~$500Kぐらいのレンジです。

 

どんな人が住んでいる地域か:25歳から40歳ぐらいのお洒落な若い世代がそういったミッドセンチュリーの家がマーケットに出るとこぞって飛びつくようなエリアです。

 

新しいヒップなレストランが多く、ダウンタウンへは高速道路を乗ることなく、渋滞の煩わしさを感じることなく、下道でアクセスできる好条件の揃った、アーバンライフを楽しめるエリアです。

 

Windsor Park

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

手を入れないと住めない感じの、3bed room/2bathが、$400Kぐらいの価格帯です。

どんな人が住んでいる地域か:アーティストや、ヒッピーが沢山住んでおり、1950年代や、60年代の古い家を新しくリフォームして住んでいる人が多いようです。

 

ダウンタウンまでのバスルートにも長けており、非常に便利なエリアです。特筆すべきは、なんといっても、Bartholomew poolです。オースティンの長い夏、子供たちを飽きさせない楽しいプールです。

ただ、リフォームした家が、高く売れるので、昨今、それに伴うプロパティイタックスの上昇も、少なからずとも悩みの種になっています。

 

Milwood/Rattan Creek

ロケーション:

 

 

 

 

 

 

$300K代の価格を中心とする、1970年~80年代の家が中心です。大きさは比較的小さめな1800Sqft. の3~4ベッドルームがある家がほとんどです。

どんな人が住んでいる地域か:30年前に新築を建てた時から、住みやすく住み続けている世代と、特に高校の学校区が良いので、そのために引っ越してくる比較的若い世代が多いようです。

ドメインへのアクセスも良く、コミュニティーガーデンや、図書館、公園に、温水プール、テニスコートなど、公共施設が非常によいエリアです。

仕事が豊富なオースティンの魅力

LinkedIn社から発行されている、 Workforce Reportによると、オースティンは、求職者にとって、大きなチャンスのある都市とされています。大都市よりも、就職のチャンスに恵まれているという結果です。昨年まで、ワシントン州のシアトルが1位だったのですが、物価、物件の高騰から、6位に下落し、オースティンが堂々1位を獲得しました。

オースティンも徐々に地価や物価が上昇中ではありますが、沢山の仕事に恵まれて、大都市に比べてまだまだ、生活しやすいというのが現状です。車社会のアメリカにあって、テキサスはガソリンの価格が比較的安いというのも魅力の一つです。台風はヒューストンまで、竜巻はダラスまで、なんて話もありますが、オースティンに自然災害が少ないのも住人にとっては安心材料の一つです。総括しても、オースティンに住むことは、大きな魅力以外ありません。条件が沢山揃っている故、やはり住みやすい都市、住みたい都市No,1に次々とランクインされる理由なのでしょう。

20年後のオースティン国際空港

言わずと知れたオースティンの、玄関口であるAustin-Bergstrom International Airportですが、今後20年の増設計画が発表されました。駐車スペースは、現存の2倍に、新たな搭乗ゲート、バゲージクレームも7つ増設される予定です。

 

 

 

 

※上図で白い部分が現存の建物、黄色い部分が、今後20年で増設予定の施設です。

オースティン空港を良く利用される方は、「ずっと工事してるなぁ」という印象かもしれません。過去5年で、オースティン空港は8%も拡張してきました。また、2019年春には、新たに9つの搭乗ゲートが増設される予定です。

この20年に渡る計画では、オースティン空港が他の都市に無い「スペシャル」な空港を目指しており、目玉の計画には、利用者がより素敵な時間を過ごせるようなオープンテラスデッキだそうです。成田や羽田にはオープンテラスデッキがあるので、そんなに新鮮な感じはしませんが、確かに、アメリカ国内の空港では、なかなか見たことない気はします。

Salvation Pizza, Caffe Medici や24 Dinerなどの、いかにもオースティンを感じさせるローカルおしゃれ系レストランや、カフェ、の入店を益々誘致し、ゲート前のベンチにはすべての座席に、USBポートを備えるなど、利用者により便利な工夫を提案していきたいとのことです。

今後20年で人口2倍増と言われているオースティンですが、空港も20年計画で2倍近くの規模に拡張を計画するのも、納得です。オースティンから日本への直行便が、淡い夢から、ちょっと現実味を帯びてきたのではないかと密かに思っています。ただ、やはり、工事が続くと言う事は、完成するまでは色々な所で不便が生じる事と思います。空港をご利用の際には、その事を踏まえつつ、空港への到着時間を調整していくのが良案かと思います。

 

 

 

 

完成予想イメージ

 

 

GEORGETOWNに注目!!!

Ausitnの人口増に伴い、増え続ける家、家、家。

今まで、オースティンダウンタウンを中心に南北に広がり続ける新しい住宅街は、Round Rockをさらに北へ、今度は、Georgetownへ向かっています。

Santarita Ranch

wolf lakes village

昨今流行りの、いわゆる「master-planned communities」という、市が主体の街づくりではなく、大手建築会社主体の街づくり、といった感じでしょうか。住宅の価格自体は、Georgetownだから。。。と言って格段安いわけではありません。どちらかというと、クオリティーの高いライフスタイルを求める人たちの為の郊外の住宅地。しっかりとしたHOAと、素敵なプールや、公園、ジム、そういった福利厚生のようなアメニティーに囲まれる豊かな暮らしとなります。

つい最近まで、Round Rock(I35/1431近辺)やLeanderが建設ラッシュでしたが、ここ最近、Georgetownへその流れが行きついたようです。

 

 

 

 

 

 

ほんの数年前まで、ただの牧場だった土地に、数千世帯規模にまで広がるコミュニティがたった数年で完成する。これが今のAustin並びに、郊外の流れのようです。そして、大体その土地が、もともとRanch(牧場)だったので、コミュニティの名前自体に○○○Ranchと付くことが多いようです。