Nation’s Largest NO-KILL City


動物愛好家の多いオースティン。街には幾つもの大きな放し飼いに出来るペットパークが点在し、アパートにも、ドックパークが標準の設備として有る所が多い、とてもペットフレンドリーな街です。

日本のように血統書付きの犬をペットショップには売っていない為か、オースティンで犬を飼う事=ペットシェルターで貰ってくるというのが、割と一般的です。ちなみに、血統書付きの犬を飼うには、ブリーダーから直接買う方法しかありません。もちろん、ブリーダーも飼い主に直接会って、インターネットの場合は、email等を通して、しっかり対話をすることで、ちゃんとした飼い主になれるかをジャッジできるので、このシステムは非常に良いと思います。

今年はオースティンが6回目の”nation’s largest no-kill city”の記念を迎えます。“no kill”のポリシーというのは、万が一、シェルターが満室で、やむを得ず病気の犬を殺処分することはあっても、基本的に、健康な犬の殺処分をすることはないというポリシーです。オースティンのシェルターでは2011年から連続で90%以上は里親を見つけ、幸せに暮らしています。これには、ボランティアを始め、オースティン市全体のたぐいまれない努力が無いと成しえない素晴らしい結果だと思います。

週末のペットショップは里親を見つけるためのイベントで賑わい、かといって、気軽に、犬や猫を渡すのではなく、人間の方もちゃんとした里親の資格をしっかり問われます。毎日、どこかしらで行われているイベント、ペットを飼う事にご興味がある方はぜひ、お気軽にお訪ねください。

Austin Pets Alive!